【金森式ダイエット】5kg痩せた旦那がすぐにリバウンドしてしまった訳

こんにちは。hanaです。

私の旦那がコロナ禍の在宅ワークのせいで体重が一気に増加。

入学式までに痩せたい!と金森式ダイエットを実施し5kgの減量に成功

ですが入学式から1ヶ月たちリバウンド。7kg増となりました。。。

目次

金森式ダイエットでリバウンドした理由

①付き合いの外食

金森式ダイエットでは「絶対に食べてはいけないもの」が多く存在します。

断糖ダイエットになるため、糖質があるものは徹底的に食べないようにしなくてはなりません。

米やパンなどの主食はもってのほか、野菜でもかなり限られた野菜しか食べられません。調味料まで制限されます。

その当時はこのような形で食事に気をつけていました。→我が家で実践!金森式ダイエット!

しばらくは家での食事は【金森式ダイエット】のこちらの本に乗っ取って食事にかなり気をつけていました。

ただ友達との付き合いやお互いの実家でご飯に誘っていただいた時に「僕はこれは食べれません」というわけにもいかず。。。

実家でお寿司屋さんでテイクアウトをすることになった日は、旦那だけ刺身盛りにしてもらいましたが、つける醤油さえも金森式ダイエットではOUT。普段家でお刺身は塩かナンプラーで食べていましたが外出先ではそういうわけにもいきません。

金森式ダイエットは本当に頑張れば結果がすぐに出るダイエットだと思います!

ですが、今日は仕方がないからと1日でも糖質を摂ってしまうと、全然痩せられなくなってしまうのです。

旦那は普段こんなに頑張って食事に気をつけるのに、少しの外食で今までの頑張りが全て無意味になってしまう。と心が折れてしまい続けることができませんでした。

②食費が上がり家計圧迫

金森式ダイエットは鶏肉も食べてはいけない部類となります。

主に購入するものが牛肉、豚肉、魚、卵、バターとなりました。

またお米を食べられないためお腹を満たすためにお肉や魚も多めに買っていたため1ヶ月の食費が今までに比べて1〜2万円の増となりました。。。

夫婦共働きの我が家は結婚当初から食費=妻が支払うとしているため、私の財布がいつもカツカツでした。

ダイエットを頑張りたいという旦那を協力したいという気持ちから、初めはお肉や魚を沢山買っていましたが男の人のお腹を満たすには想像以上に量が必要で、これをいつまで続ければいいんだろうと思ってしまっていました。

旦那にも相談して、旦那が食べるお肉は自分で買ってもらうようにとお願いしましたが徐々に旦那も買わなくなりました。

③油の摂取が多すぎて体がキツかった

金森式ダイエットは断糖高脂質の食事が求められます。

金森式ダイエットで推奨されているMCTオイルをネットで購入しどんな食べ物にもかけていました。これも普通のオイルより高い!

そしてバターや牛脂をとったほうが良いというダイエット法だったため、ハンバーグに牛脂の角切りを入れたり何を炒めるにもバターや牛脂を使っていました。

牛脂入りのハンバーグ。美味しい人には美味しいようですが旦那には合わなかった。

食べた後に口の中も体の中も油が多くてキツイとしばらく寝込んでしまいました。

④味に飽きてしまった

金森式ダイエットは使える調味料が限られます。

日本人の料理によく使われている「醤油」「味噌」「味醂」「料理酒」「だしの素」使えません。

推奨されているのは「塩(ぬちまーす)」「ナンプラー(魚醤)」

お肉を焼いても塩をかけて焼くかナンプラーで少し風味をつけて焼くかの2択。

たまに青紫蘇やチーズを使うことにより「普段と味が違って美味しい!」と感動していました。

我が家は4人家族ですが子供もまだ小さいので、私と子供たちは基本食生活変わらず。旦那のみ金森式ダイエットの食事にしていました。

初めの2週間頃まではこの「塩」「ナンプラー」「青紫蘇」「チーズ」の味で問題なく乗り越えられましたが、目の前で家族が和食を食べている姿を見て「いいな〜」とも言っていました。(家族持ちの方が自分だけ金森式ダイエットをするには相当強い意志がないと続かないと思います)

3週目に入る頃には「塩飽きた」「ナンプラー飽きた」と言い出しました。それを言い出してしまうともう止まらないですよね。案の定、体が金森式ダイエットの食事を受け付けなくなっていきました。

リバウンドをしたため学んだこと・今のダイエット法

①食生活について

金森式ダイエットで5kg痩せたのちにすぐに7kgのリバウンド。

今はお米も解禁し、もちろん調味料も解禁し、前よりもかなり自由に食事を摂れるようになりました。

ですが気をつけていることが5つありそのことを頭に置いて食事を摂っています。

様々なダイエットから学んだ食事で気をつけること5選

◎お米は食べるがお茶碗1杯まで。食べ過ぎ厳禁!

◎ドレッシングは油が少ないものしか使わない

◎野菜はじゃがいも、さつまいも、かぼちゃ、大根、にんじん等糖質多い野菜の摂取は少なめに。

◎よく噛んで食べる。噛んで満腹中枢を刺激。

◎21時以降は食べない!!!

②運動について

運動は1日1時間ジム通いをしています。

金森式ダイエットをしている時もジムは会員登録していて月額を納めていたそうですが食事が脂っこくて食事後にジムに行く気にはなれなかったようで(ただ意志が弱いだけ?)月額だけ支払って月に2回しかいかなかったそうです。

金森式ダイエットをやめてからは体の体調が戻り週5でジムにまた通うようになりました。

金森式ダイエットは短期間で目標体重まで痩せたい!なんとしても痩せてみせる!という強い意志の中、さまざまな誘惑に打ち勝てばしっかり体重を落とすことができるダイエット方法だと思います。

単に私の旦那の性格・意志の弱さ・周りの環境には適さなかったようです。

このブログ記事が誰かの参考になればと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次